簡単めちゃうまパスタレシピその6!チリトマトカルボナーラ!

未分類

お疲れ様です。momiageです。

今回は、みんなが大好きなカルボナーラの中毒性をさらに上げようと試行錯誤した自信作、

『チリトマトカルボナーラ』を紹介します!

すでにめちゃうまいカルボナーラに、トマトの酸味とうま味をプラス!さらに鷹の爪でピリッとさせる事で食べ飽きない味になります!

早速いきやしょう!

《2人前の材料》

・玉ねぎ…3分の1ヶ

・パンチェッタまたはベーコン…30g

・卵黄…2ケ分

・生クリームまたは牛乳…100㏄

・トマト缶…100g

・粉チーズ…50g

・鷹の爪…2分の1本

 

《作り方》

①玉ねぎを薄くスライス、ベーコンはやや厚めのブロック状にカットする。

②フライパンにオイルを入れ、ベーコンをこんがりするまで炒める。

③玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒め、鷹の爪を入れ、少しオイルになじませて辛味を出す。

④トマト缶を入れ、塩をひとつまみ入れ、5分煮る。

⓹パスタを茹でる。その間にボールに卵黄、牛乳、生クリームを入れ混ぜておく。

⑥パスタが茹で上がったら、フライパンに入れ、2分程煮て麺に味を含ませつつ、塩分、水分量を調節する。

⑦ボールの中身を入れ、中火でパスタを混ぜながら卵に火を入れていく。

⑧もったりとしてきたら皿に盛り、粉チーズ、黒コショウをかけ、完成!

《まとめ》

●最初にベーコンをしっかり炒めて、表面をこんがりさせる事でソースにうま味が滲み出ます。さらに具として食べた時も香ばしさを感じられて美味なのでとても大事な行程です。また、具としての存在感を残すためにはカットも薄かったり小さくしない事がポイントとなります。
●生クリームを入れずに卵黄のみで仕上げるのが本場イタリアでは定番の作り方ですが、これだと卵に火が入りやすく、ぼそぼそのソースななってしまい、食感があまり良くないです。また、逆に火を入れなさ過ぎても卵臭さが残ってしまったり、ぬるいパスタになってしまうので、個人的には生クリームを入れたバージョンの方が好きです。
●余熱でどんどん卵に火が入ってしまいソースがもったりとしてくるので、フライパンで仕上げる際は、『ちょっとしゃばしゃばかな?』と心配になるくらいの状態で火を止めた方が良いです。

それでは、良きカルボナーラライフをお過ごしください!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました