簡単めちゃうまパスタレシピその6!王道のトマトソースパスタ

未分類

こんにちわ。momiageです。

今回はクラシックなトマトソースの作り方を紹介したいと思います。一気に大量に仕込んでおけば冷凍で一か月はもちますし、パスタソースにはもちろんのこと、肉、魚を焼いて上にかけても良し!な皆大好きな万能ソースです。

早速いきやしょう!

《材料》

・玉ねぎ…2ケ

・セロリ…1本

・人参…1本

・ニンニク…ひとかけ

・ピュアオリーブオイル…50㏄

・ローリエ…1枚

・ダイストマト缶…2.5㎏

《作り方》

①玉ねぎ、人参、セロリはそれぞれ皮をむき、みじん切りにする。

②大き目の鍋にピュアオリーブオイルを入れ、ニンニクをつぶして入れ、弱火でじっくりニンニクの香りをオイルに移していく。

③ニンニクがきつね色になったら、①の野菜、ローリエを入れ、中火でじっくり炒める。

④水分が無くなってきて、焦げそうになってきたら弱火にし、パサパサになるまで炒めていく。

⓹パサパサになったら、ダイストマトを入れ、塩をふたつかみして、強火で沸かす。

⑥沸いたら、沸騰を保つ程度の火加減を保ち、4分の3くらいの量になるまで煮詰め、塩で味を調える

⑦パスタを90g茹でる。フライパンに⑥のソースを70g入れ、ひと煮立ちさせる。

⑧茹で上がったパスタをソースと和え(甘味が足りなければ砂糖で調整)皿に盛り、EXVオイルをお好みで回しかけて完成!

●まとめ

玉ねぎ、人参、セロリをしっかり炒めるのが最大のポイントです。しっかりと野菜の水分を飛ばし、うま味と甘味を凝縮させることがソースの美味しさに直結します。
ちなみにこのように香味野菜を炒めたものを『ソフリット』といい、トマトソース以外にも、様々な煮込みソースを作る際にうま味調味料の役割を果たします。このソフリットを大量に仕込んでおいて冷凍しておくのも便利です。
また、トマト缶を入れた時の塩と火加減も重要です。この塩と、強火で沸かして沸騰を保つことでトマトの甘味が引き出されます。

ポイントを押さえれば簡単にお店の味が味わえます!是非お試しあれ!

とは言え、わざわざ野菜を買って、皮むいて、刻んで、炒めて、煮込むなんて言語同断!めんどくさいし、時間もない!という方もいらっしゃるでしょう。そんな方の為に、すでに出来てるうめえトマトソースを見つけました!最近見つけた美味しいオリーブオイルを販売している、キヨエから販売されているやつです!あっためて、」パスタと和える、魚、肉にかける、いろんな場面で使えます!おすすめです!

 



↑キヨエのトマトソースはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました