リモートワーク飯攻略!簡単本格イタリアンレシピ!アマトリチャーナ

未分類

おはようございます。momiageです。

今日も『お腹すいたなあー。なんか簡単に作れる美味しいパスタレシピないかなあ』というリモートワーク中の方におすすめな、簡単本格イタリアンレシピをご紹介いたします!

今回は『アマトリチャーナ』です!

玉ねぎとベーコンを炒めて、トマト缶をぶっこんで煮るだけ、の簡単レシピです!

このパスタは、ローマの名物料理になっています。アマトリチャーナ=『アマトリーチェ風』という意味で、アマトリーチェとはイタリア中部のラツィオ州にあるローマ近郊の町の名前です。

早速いきやしょう!

 

《1人前の材料》

・スパゲティ…100g(1パーセントの塩水で茹でる)

・にんにく…ひとかけ(みじん切り)

・玉ねぎ…2分の1ヶ(薄めスライス)

・ベーコン…20g(やや厚めの短冊切り)

・トマト缶…100g

・プチトマト…4ヶ(2分の1カット)

・粉チーズ…20g

・炒め用ピュアオリーブオイル…10cc

・仕上げ用EXVオイル…20㏄

・塩…適宣

・黒コショウ…お好みで。

・パスタの茹で汁…適宣

《作り方》

①フライパンに炒め用ピュアオリーブオイルとベーコンを入れ、中火で表面がこんがりするまで炒める。

②玉ねぎを入れ塩をひとつまみし、しんなりして甘味が出てくるまで中火で炒める。

③フライパンを手前に傾け、具材を上の方に押し上げる。垂れてきたオイルににんにくを入れ、弱火でじっくり香りをだしていく。

④にんにくが色づいてきたら、トマト缶、プチトマトを入れ、塩をひとつまみする。中火で5分程煮る。(焦げ付きそうだったら水を加える)

⑤パスタを表示時間より1分短く茹でる。茹で上がりに合わせてソースを沸騰させておく。

⑥パスタが茹で上がったら、フライパンに入れ、1分程煮てソースの味を含ませつつ、茹で汁、塩で塩分、水分量を調整する。

⑦仕上げ用EXVオリーブオイル、粉チーズを入れ火を止める。しっかり混ぜてチーズを溶かして全体にいきわたらせる。

⑧皿に盛りつけて、黒コショウをかけ、完成!

 

《ポイント》

・シンプルなソースなので、ベーコンと玉ねぎをしっかり炒める事がソースの味に直結します。

・本場イタリアでは、ベーコンの代わりにグアンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)や、パンチェッタ(豚バラ肉の生ベーコンを使います。普通のベーコンとはまた違った風味、うま味を楽しめます。

・トマト缶だけじゃなく、フレッシュのプチトマトを入れる事でソースに深みが増します。

 

《おすすめ商品紹介》

おすすめのパンチェッタを紹介します。これ、カットしてそのままおつまみにしても最高です。

そのままでも美味しいわけだからパスタにしても間違いない味。軽く燻製がかかっているので、カルボナーラに使ってもうまそう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました